2010年11月25日

時代劇の最高傑作は?

時代劇の最高傑作は?

 時代劇といえば水戸黄門ですが、実は私、時代劇大好き人間なんです。特に初代黄門様(東野英次郎)がでてくる『水戸黄門』がお気に入りです。安心して見てられるし、助さんも格さんも宮本武蔵より強いし、絶対に相手を殺さない。ただ懲らしめるだけで、残酷なシーンがありません。

 それに比べると『大江戸捜査網』や『桃太郎侍』や『必殺』は残酷ですね。敵を一人残らず叩き切ってしまう。でも『遠山の金さん』は敵を殺しませんね。殺してしまったら御白洲の御裁きができなくなってしまう。

kjh-4.jpg

 ところで初代遠山の金さんを演じていたのは誰なのかか知ってますか? 『伝七捕物帳』で伝七を演じていた中村梅之助なんですね。これが最高に面白かった。数ある時代劇の中でも最高傑作だと思います。

 この中村梅之助演ずる初代遠山の金さんは、いかにも遊び人という感じでガラが悪かった。そのうえ詐欺師でした。詐欺によって事件を解決するわけですから映画『スティング』の時代劇版といってもよいかもしれません。

 そのくせ初代遠山の金さんは、スーパマンではなかった。悪人と戦っても強くないのです。もちろん相手を殺す事などありません。殺してしまったら御白洲の裁判ができませんから。じゃあ、どうやって悪人を退治するかと言うと、

@悪人どもが悪の相談をしているところを発見する

A「見ちゃった聞いちゃった」
 「あんたの悪事を聞いちゃった」
 と悪人たちの前に現われる。

B刺青の桜吹雪を見せて大騒ぎをおこす。
 すると町方の人間が、
 つまり今でいう警察関係の人が治安を回復するために
「御用だ! 御用だ!」
と集まってくる。それでおしまい。たくさんの御用ちょうちんが迫って来るシーンで終りなのです。悪人を取り押えたり、悪人と壮絶なバトルをすることは一切ありません。

 そしてシーンが変って御白洲。
 太鼓の鳴響く音。
 町奉行遠山金四郎が、正装姿でものものしく登場。
 そして金さんは、いかにも役人という顔で吟味。

 しかし、悪人たちは、バトルで負けた訳でもなく、捜査で捕まった訳でもなく、ただ治安を乱したという別件逮捕で捕まっているので納得がいってません。だから御白洲の捜査に不満タラタラ。

「証拠はあるのかい!」

と開き直るわけですが、悪人たちの気持ちは分からないではありません。だって別件逮捕なんですから。

 しかし、中村梅之助が扮する初代遠山の金さんは、例の桜吹雪をだして、有無を言わさず有罪判決に持っていくのです。ああ、なんという判決でしょうか。これはもう裁判なんてものではありません。そして最後に

「これにて一件落着」

としめます。

 それから中村梅之助の初代遠山の金さんの凄いところは、管轄外の悪人たちを懲らしめるところにあります。町奉行というのは、町人の犯罪しか裁けなかったわけですが、初代遠山の金さんは、旗本や大名といった大物。つまり自分より身分の高くて、権力をもっている人間を懲らしめたからたまりません。

 え?
 どうやってこらしめたかって?
 詐欺によって懲らしめたのです。

つまり、こうです。初代遠山の金さんの友人である貧乏寺の住職を、絶対権力をもつ上野寛永寺の大僧正に化けさせ、正々堂々と江戸城の中に入り込みます。あまりにも正々堂々としているので、門番も疑いません。そして江戸城内の将軍様のいる奥座敷で悪大名や悪旗本の前に登場させて、

「おまえの悪事を将軍様に告げ口するぞ」

と威して悪事をやめさせたり慰謝料をふんだくったりします。なんともすごい詐欺行為ですが、これがなんとも面白かった。あれに比べると西郷輝彦や松方弘樹や杉良太郎や高橋英樹や橋幸夫の『遠山の金さん』なんて、まるっきり面白くないです。


posted by ss at 10:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。